HGFC 1/144 マスターガンダム & 風雲再起(改造) レビュー

いつものように部分塗装にメラミン磨きです。
風雲再起は稼働するよう改修してます。
HGFC 1/144 GF13-001NHⅡ マスターガンダム & 風雲再起 (機動武闘伝Gガンダム)
発売日:2011年8月26日
価 格:2,730円(税込)
P1230173s

P1230058
素立ち。
配色は、旧HG 1/100や、国内版MIAと違い、ネービーブルーと青紫系で海外版のMIAに近い感じ。
キットに黄色のパーツは無いので、黄色部はすべて塗装。
顔パーツの成型色が白なのは感動。
P1230252
横。
P1230061
後ろ。
P1230226
上半身アップ。
説明書を見ないで普段通りアンテナ先端のピンを切り落としてしまったため、受け部が空洞に。
P1230157
付属品。マスターグロス(マスターアジア付き)、構え用の手左右と、ダークネスフィンガー時の左右手、
マスターグロス用の握り手(右)、石破天驚拳ビッグエフェクトの右手が付属。
P1230170
付属の構え用手に差し替えて、構えポーズ。羽のせいで自立できないのでスタンド使用。
P1230173
石破天驚拳エフェクト。
P1230258
なんとなくファイティングポーズ。
ディフェンスモード(説明書にはノーマルモードって書いてあったけど。)
P1230126
P1230120
P1230132
P1230134
片手出し。 出せるのは左側だけです。
P1230141
片手出しにするには、肩に接続パーツを取付ます。
ちなみに片手出し時に取り外す紫のパーツはマントの内側に収納できます。
風雲再起(改造済み)
※改造の詳細については、イイエローサブマリンさんのブログ(8/15)を参照してください。
以下は、とらねこが分かりにくかった部分を補足してます。
P1230208
素立ち。キットは、頭部と手綱の赤以外真っ白なので、それ以外はすべて塗装。
P1230212
後ろ。
P1230217
横。ゴッドガンダムを乗せる際は、腰の前垂れが激しく干渉するので、背中のパーツを取り外す。
P1230220
改造に使用したパーツ。
左は、プレミアムパーツコレクション 関節技 ボールジョイント[白]で、後ろ足の付け根に必要なのですが、
こちらの白はイエローサブマリン限定で直売店でないと買えないようです。
ほとんど見えないので、無理に白にしなくても、プレミアムパーツコレクション 関節技 ボールジョイント[メカグレー]でいいかも。

でもぶっちゃけると、バンダイにプラモの部品を注文する予定があるなら、HA3(前足の付け根のパーツ)を注文したほうが、
安いし改造も楽です。(後ろ足に使用できるのは実験済み。足の四角い軸受けを切り取るだけで済みます。)
で、右がプレミアムパーツコレクション 関節技 球体ジョイント[ピュアホワイト]
これは、足首に使うのですが、足4本分で、4つ必要なのに、3つ分しかありません。よってすべての足に
これを使うためには2つも買わねばなりません。
なので、とらねこは、たまたまあった、リボルテックジョイントの6mmの白を前足に使用しました。ただこちらも白はレアです。色にこだわらないのであれば、リボルテックジョイント6mmにしたほうが良いと思います。
  
P1230207
改造部 後ろ足付け根。
足のほうは、固定用軸受けを切り落とし、PC-001(主にダブルオー系後半のポリキャップ)の1や7を埋め込み。
もちろん径が合えば他のものでも可。
本体後ろ足付け根は、四角い固定軸を切り落とし、中心にピンバイスで3mmの穴をあけ、ボールジョイントを差し込み接着。
P1230204
改造部 足首4本とも。
つま先を取りつけず、すねの部分を接着。完全に接着したあとに、中心にピンバイスで3mmの穴をあける。
で、このままでは、ジョイントが微妙に入らないので、入る程度まで内側をヤスリなどで削る。
つま先は、ボール部を切り落とし、中心にピンバイスで3mmの穴をあけ、ジョイントを差し込む。これを4つやる。
以上。
P1230180
未改造風雲再起なポーズ。これはこれでかっちょいいけど、プラモでポーズ固定っていうのはどうなの?
HGFC マスターガンダム&風雲再起
しっかり足をつけた状態。これでこそって感じ。
最後にマスターアジアのお言葉。
P1230078
「このばか弟子がああ!!」
P1230113
「だからお前は、阿呆なのだああ!!」
P1230087
「たてえぃ!立って見せえい!!」
マスターガンダムについては、キットのプロポーションは文句なし。
とらねこ的には、旧HG 1/100や、国内版MIAのような黒茶っぽい配色のほうが好みだけど、これはこれでいい感じ。
あえてどうしても欠点をあげるなら、アンテナのピンの受け部。アンテナからはみ出さないように出来たんじゃないかと思うけど。切っちゃったせいで空洞になったよ。←お前が悪い。
そんな自業自得な不満以外特にない良キットだと思います。
風雲再起については、プロポーションは文句なし。ほとんど真っ白なのも白の上に色塗るのはそれほど大変ではないし、
パーツ割も良く塗装しやすいのでで別によし。
不満はもちろん後ろ足の付け根と足首が固定なこと。もうちょっと工夫すればパーツ量を増やさなくても可動モデルに出来た気がするんだけど。
まあ、不満があったら自分でいじれるのがプラモの良いところなんだけど。
ということで、HGFC 1/144 マスターガンダム & 風雲再起のレビューでした。
<!—ここから amazon—!>
■ Amazon

<!—ここから あみあみ—!>■ フィギュア格安あみあみ

<!—ここから あみあみ 商品リンク—!>HGFC マスターガンダム

<!—ここから 楽天—!>■ 楽天市場

<!—ここから 楽天 商品リンク—!>HGFC マスターガンダム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です