スーパーロボット超合金 アクエリオンEVOL レビュー

機械天使「アクエリオン EVOL」覚醒。
スーパーロボット超合金 アクエリオンEVOL
価 格:5,250円
発売日:2012年10月27日
P2020950

パッケージ
P2020520
いつものブラインドパッケージ。
本体
P2020559
肩など、白い塗装部分はパールがかっていて、白の成型色部分もパールっぽくなってます。
P2020562
付属品
オプションハンド
P2020650
握り手の他に平手が付属。
ウイング展開パーツ
P2020765
金色部分は金メッキ。メッキの上に塗装されてるのは珍しい気がします。そのせいか若干白が黄色っぽい。
無限拳パーツ
P2020661
連結パーツ4種に無限拳用特大手首が付属。
P2020677P2020672
裏に支柱を接続するための穴があります。
エフェクト盤
P2020642
無限拳再現用エフェクト2種が付属。
支柱
P2020668
延長ジョイントも付いているので、比較的自由に高さを調節できます。無限拳とエフェクトを支えるために使用。
P2020575P2020588
P2020577P2020595
バストアップ
P2020598
東部の塗装、肩のプリンとともに綺麗。
P2020602P2020611
角が硬質で細いので破損しないよう注意が必要。
P2020635
ジョイント口
P2020752
股下にスタンド接続用の穴があります。
可動
P2020692P2020696
肩の砲身はボールジョイント接続で自由に向きを調節可能。
P2020700
肩の板も別パーツで可動します。

P2020712P2020709
腰の間接軸が引き出せるようになっていて、可動域を広げられます。
首、腰 前後
P2020715P2020719

P2020724

P2020704

P2020680P2020686
肘は1軸。二の腕の赤いラインのところで回転させることができます。
股関節、膝
P2020729P2020732
干渉する腰アーマーが無いので、かなり可動域が広いです。
太ももの青いラインでパーツ分割されているので、こちらも回転可能。膝は2重間接。
足首
P2020736P2020740
足首も腰同様引き出せます。
P2020746
スーパーロボット超合金シリーズはつま先とかかとが一体のものが多く立たせやすいです。
ウイング展開
P2020859
差し替えで再現。パッケージとかだと太ももについているパーツが外されているけど、そのままで。
P2020870
アクションショット
P2020759
P2020782
P2020786
P2020798
P2020811
P2020821
P2020834
P2020842
P2020871
P2020882
P2020934P2020937
P2020892
P2020947
P2020910
P2020918
塗装精度も良く、可動については、合体オミットで可動重視のスーパーロボット超合金の中でもかなり広いほう。
間接の保持力も問題ないので、本体については不満な個所は見当たりませんでした。全体的な完成度は非常に高いです。
ちょっと難点だったのは無限拳の支柱パーツ。強度的に問題があったのかもしれませんが、白より透明のほうが目立たなくて良かったのと、
台座部分のサークルが小さすぎてパタパタ倒れてしまうので、もうちょっと大きくしたほうが倒れづらくて良かったと思います。
テレビのほうはちょっとついていけず、序盤で挫折してしまいましたけど、これはとても気に入りました。満足。
ソーラーアクエリオンも欲しい。

・あみあみ

・楽天で探してみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です