HGUC ローゼン・ズール 素組み レビュー (機動戦士ガンダムUC)

キットの状態は、いつも通り素組み(パチ組み)、未塗装、シール未貼り付けです。
HGUC 1/144 YAMS-132 ローゼン・ズール (機動戦士ガンダムUC)
価 格:2,940円
発売日:2012年12月29日
HGUC ローゼン・ズール

パッケージ
P2140799.jpg
P2140804
形状については問題なく再現されていると思いますが、
一見してわかるように、本来紫の部分の成型色がチョコレート色になっているのでとても違和感あります。
P2140801
前面塗装見本
P2140811
ツメやタンクも白い成型色の方がイメージに近かったのですが、タンクの設定色を優先したのかグレーに。
P2140803
背面塗装見本
シール
P2140800
シールで、エングレ部のフォローされてますが、成型色が変なので、シールを貼るだけではイメージ通りの仕上がりにはならないと思います。
カラーガイド
P2140802
今回は特に必須の塗装レシピ。
セット一式
P2140948
インコムは未組み立ての状態で。
付属品
シールド
P2140984
概ね色分けが容易なパーツ割になってます。
インコム&サイコジャマー
P2140960
展開後のサイコジャマーと展開後インコム、展開前インコムが6個ずつ付属。
展開前のサイコジャマー
P2140989P2140993
展開前のサイコジャマー2個付属し、背面射出部に収納できます。
スタンド&インコム
P2140979
付属するワイヤーは4本だけなので、半分で折って片側2本ずつ使用。
片側を展開状態、もう片方を展開前状態にしてあります。もちろん片側に4本丸々使って長い状態にすることも可能。
紐が好きな猫がいると邪魔されるので注意。
P2150005
P2140999
スタンド&サイコジャマー
P2150019
スタンドは共用。
P2150014
P2140821P2140840
P2140835P2140850
バストアップ
P2140861
P2140878P2140889
細部
背面スラスター
P2140916
P2140897P2140900
P2150048

P2150028P2140892
腕部
P2150030P2150044
P2140938
脚部
P2150022P2150036
P2150041
アクションショット
P2150075
P2150067
P2150060
P2150084
せっかく文句なしのプロポーションに仕上がってるのに、この成型色はホント残念ですね。
エングレービングについては最初から塗装するつもりだったのでいいにしても、これではあまりにイメージが違いすぎます。
なんでこうなったんでしょう?時期的に模型業界からツールの販促に協力するよう要請があったのではと疑いたくなります。
オプションについては、展開インコムや、薔薇状のサイコジャマーにそれをディスプレイするためのスタンドと
充実しているので、様々なシーンに対応出来そう。
愛猫がワイヤーに食いついて大変でしたが・・・。
なにはともかく、このように塗装必須のキットになってますので、年末年始でお時間があるようでしたら、腰を据えて作るに良い
キットなのかも知れませんし、これを機にメーカーの策略に乗って、エアブラシ塗装を始めてみるというのもアリかもしれません。

・あみあみ

・楽天で探してみる

HGUC ローゼン・ズール 素組み レビュー (機動戦士ガンダムUC)」への2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    レビューみさせて頂きました。
    模型誌の試作をみたときから若干嫌な予感はしてましたが、まさか紫の成型色が
    試作そのまんまんの茶色で、クローも白じゃないとは・・
    せっかくスタイルも良く、専用スタンドなどがついてオプションも充実しているのに
    もったいないですね。(番台さんが決算にあわせて慌てて年末販売にねじ込んだために
    成型色を試作段階から変更する時間がなかったのでは?と疑っちゃいますよね)
    仰るとおりエングレービング等の部分塗装ではどうにもならないので、自分は
    ROBOT魂版あたりが出るのをしばらく待ちますよ(←軟弱物ですね(汗)

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > レビューみさせて頂きました。
    > 模型誌の試作をみたときから若干嫌な予感はしてましたが、まさか紫の成型色が
    > 試作そのまんまんの茶色で、クローも白じゃないとは・・
    > せっかくスタイルも良く、専用スタンドなどがついてオプションも充実しているのに
    > もったいないですね。(番台さんが決算にあわせて慌てて年末販売にねじ込んだために
    > 成型色を試作段階から変更する時間がなかったのでは?と疑っちゃいますよね)
    > 仰るとおりエングレービング等の部分塗装ではどうにもならないので、自分は
    > ROBOT魂版あたりが出るのをしばらく待ちますよ(←軟弱物ですね(汗)
    なんでなんでしょうねー?
    なぜか毎年、年末にはどこかしら疑問を感じるのが出てる気がするんで、なんか裏読みしてしまいますね。
    とりあえず、箱側面の”塗装しなくても設定に近い色を再現”は書いちゃいけない気がします。
    でもスタイルは申し分なくかっこいいので、なんとか見れる状態に仕上げたいですね。
    塗装待ちがかなり溜まってしまってるのでいつになるか分かりませんけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です