ULTRA-ACT グリッドマン レビュー

円谷プロダクション創立30周年記念作品 電光超人グリッドマン。
ULTRA-ACT グリッドマン
価 格:3,360円
発売日:2012年09月29日
ULTRA-ACT グリッドマン

パッケージ
P2170706
P2190017
メーカーの記載は全高約160mmとなってますが、実物を計測したところ150mm程でした。
P2190027
セット一式
P2180631
付属品
オプションハンド
P2180640
握り手の他に平手と持ち手2種が付属。
プラズマブレード、バリアーシールド
P2180653
刃の部分などはメッキ仕様。
P2180665P2180658
グリップが可動。
グリッドマンソード
P2180648
剣と盾の合体はオミットで、合体形態で付属。
P2180644
グリッドビーム再現エフェクトパーツ
P2180668
P2180686P2180677
黄色い六角形パーツを取り外し、エフェクトパーツを取り付け。
P2180681
本体
P2180754P2180764
白い部分はパール塗装。関節部も腕や脚と同じ色になっていて目立ちにくくなってます。
P2180760P2180771
バストアップ
P2180789
目や胸部はクリアパーツ。
P2180797P2180803
P2180845P2180852
胸部
P2180841
腕部
P2180811P2180806
左右で形状の違う腕。特に色分けの細かい左腕も綺麗に塗り分けられています。
背中
P2180775P2180783
カバーパーツを取り外すと、ジョイント穴があります。
このセットでは使い道が無いので、おそらくサンダーグリッドマンとの合体時用と思われます。
腰部にはスタンド用の穴もあります。
可動
首、腰 前後
P2180702P2180704

P2180709
肩アーマー
P2180697P2180689
肩、肘
P2180722P2180714

P2180821P2180827
腕の赤と白の部分は別パーツで横回転可能。
太もも
P2180831P2180836
太ももも腕と同様横回転可能。
股関節
P2180736
膝、足首
P2180730P2180725
脛アーマーは別パーツ。全体的に構造は、S.H..フィギュアーツと同様。
アクションショット
P2180859
P2180869
P2180898
P2180912
P2180907
P2180872
P2180892
P2180883
P2180999
P2190010
P2180966
P2180936
P2180956
P2180946
P2180929
本当は特に買う予定は無かったのですが、今月発売予定のサンダーグリッドマンが、イベントで実物を見た際とてもカッコ良く、
そちらと合体できるようなので思い切って購入してみました。
とらねこは円谷プロダクション系に疎く、放映自体知らなかったんですが、ウルトラマンにアーマーを着せたようなデザインは、
何処と無く昭和のノスタリジックな印象を受けます。
塗装精度は良く、左腕の細かい色分けも綺麗。胸部のブルーがクリアパーツになっているのも良いアクセントになっていると
思います。
で、目的のサンダーグリッドマンとの合体ですが、
本来は、サンダージェット、ツインドリラー、ゴッドタンクの3体が合体して、ゴッドゼノンに。
さらにグリッドマンが合体してサンダーグリッドマンになるらしいですが、
もうすぐ発売予定のウルトラアクト サンダーグリッドマンは、グリッドマンとの合体の再現のみ可能な模様。
なので、仕様的には、グリッドマンは必ずしも必要なさそうですが、せっかく買ったので、
サンダーグリッドマンのレビュー時には、合体仕様とアクション仕様の違いも比べてみたいと思います。

・あみあみ

・楽天で探してみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です