ROBOT魂 紅蓮弐式 2013リニューアルVer. レビュー (OFFSHOOT比較)

初期型のグレンがロボット魂でリニューアル。今回は、旧版のオフシュートとの比較レビューです。
ROBOT魂 <SIDE KMF> 紅蓮弐式
価 格:4,410円
発売日:2013年3月22日
ROBOT魂 紅蓮弐式

パッケージ
P2380466
以前と同じく、黒の騎士団をイメージした黒いデザイン。
P2380624
P2380633
セット一式
ロボット魂版
P2380467
オフシュート版には付いていた甲壱型腕が付属してません。
オフシュート版
P2380512
付属品
オプションハンド
P2380519
右手が輻射波動腕なので、左手のみ付属。握り手、持ち手、平手2種が付属。
オフシュート版に比べ、指先がシャープになりボリュームアップしてます。
呂号乙型特斬刀
P2380526
大振りになり、柄の装束も再現。
飛燕爪牙
P2380802
左胸のパーツを外して付け替え。
P2380793
本体
P2380483
以前のものは艶消し仕上げでしたが、今回は装甲部が艶あり処理されてます。腰の位置も高くなりスマートな印象に。
P2380494
腕も少し長くなり、肩アーマーは小型化。
P2380503
P2380484
プラの比率が増えたようで、比べてみるとロボット魂版のほうが若干軽いです。
バストアップ
P2380538P2380571
最も変化が感じられる顔。アゴの形状が変わり、色もちゃんと白に。
それにより、オフシュート版より、ロボット魂の聖天八極式の顔に近い印象になってます。
P2380546P2380579
胸部の形状も大きく変化。胸が薄く、形状がシャープになってます。
P2380551P2380585
輻射波動腕
P2380603
グレードアップした輻射波動腕。
P2380656
腕の部分が伸縮するようになり、爪も個別に可動します。
P2380660
こちらは旧版。
P2380669
オフシュート版をベースにウェブ限定で発売された前のROBOT魂版は指が個別に可動するようにはなっていますが、
結局、伸縮機構は再現されていなかったので、輻射波動機構を完全再現しているのは今回のリニューアル版だけです。
ランドスピナー
P2380612
可動部の金属パーツが見えない構造になり、ディテールもしっかりしてます。
コクピット
P2380644
オフショートでは可能だったコクピットハッチの開閉はオミットされてます。
可動
首、腰 前後
P2380696P2380686
P2380700P2380690
腰パーツが別パーツ化されたことにより可動域を確保。旧版は全然動きません。
P2380676P2380681
横方向も同様。旧版は全く動かきませんが、左右にスイングすることはできます。

P2380708P2380760
肩の可動域はそれほど変わらない様子。
P2380724

P2380720P2380768
肘は一軸から2重関節になり、大幅に可動域が拡大。
股関節
P2380738P2380788
新版が開脚に近いところまで開けるのに対し、旧版はほとんど開きません。
P2380731
股関節軸は上下に可動。太ももの付け根の接続部も別パーツになり、可動域が大きく拡大しています。
膝、足首
P2380753P2380778
膝も一軸から2重軸に。
P2380755P2380782
つま先の可動域も大きく違います。
飛翔滑走翼
P2380826
別売りの紅蓮可翔式のもの。
P2380813
同形状の接続穴が今回のコクピット部にも設けられているので、旧版同様に装着可能。
P2380820
ただ、コクピット下部にあるスタンドジョイント部が覆われてしまうため、羽を付けるとスタンドに直接繋げられなくなります。
アクションショット
P2380862
P2380870
P2380837
P2380845
P2380907
P2380913
P2380916
P2380924
P2380931
P2380937
P2380946
P2380886
P2380993
P2390027
P2390009
P2380999
P2380965
P2380959
正直、あまり期待してなかったんですが、グロスになった表面処理や白くなった顔など、仕様的には聖天八極式に
近くなっているのは好印象。
ランスロットとは逆に、甲壱型腕すら付属しないオプションの少なさには拍子抜けしましたが、飛翔滑走翼が
付けられたのはかなりポイント高いです。
ちなみに、甲壱型腕はボール軸の径が小さすぎ、可翔装備自動輸送機は胸のクチバシが干渉して今回のものには
取り付けられませんでした。
旧版を持っている人は甲壱型腕を付けた状態で今回のものと並べればかなり別物に見えるので、いくらか溜飲が
下げられると思います。
今回のグレンやランスロットは、タイミング的に白炎やグレイルを作るついでだと思っていたので、白炎達がウェブ限定で、
こちらが一般販売になったのはちょっと意外でしたが、思った以上の出来の良さに満足してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です