機動戦士ガンダム アサルトキングダムEX クシャトリヤ レビュー

アサルトキングダムに、大型MSクシャトリヤが頭頂高約90mmのビッグサイズで登場。
機動戦士ガンダム ASSAULT KINGDOM EX 01 NZ-666 KSYATRIYA
価 格:各1680円(全1種)
発売日:2013年4月3日
機動戦士ガンダム アサルトキングダムEX クシャトリヤ レビュー

パッケージ
P2420624
シリーズ共通のパッケージデザイン。
P2420632P2420641
P2420736
アンテナを含まない頭頂が約9cmと、シナンジュなど通常のアサルトキングダムと比べても1cmほど大きいです。
P2420746
セット一式
P2420892
付属品
ハンドパーツ
P2420952
いつも通り、左右の平手と握り手が付属。
サーベル
P2420961
クリアでグリップも一体成型。ここはちょっと手抜きですね。
スタンド
P2420967P2420968
P2420971
角度調整が出来る他、余った手を繋げておくことも出来ます。
P2420709
バインダー
P2420931
10cmほどの大型バインダーが4つ付属。発射口もちゃんと塗り分けられています。
P2420918P2420924
裏は、バーニア、ファンネルともに一体成型で取り外せません。
接続ジョイント
P2420942P2420935
左が展開状態用。バインダー側は1のスタンドと同じで上下に可動させることが出来ます。右は格納形態用。
格納形態
P2420976
ピーマンのような収納形態。
P2420987P2420991
下手にアーム可動で再現されるより、このように別パーツにしてくれた方がしっかり固定出来て良いかも。
ファンネル
P2420897
支柱と一体成型で、ファンネル部分が塗装されてます。
P2420956
ジョイントパーツ。ファンネルを左右2個づつ接続。残りの4本はバインダーに1本づつ繋げられます。
P2430028
ファンネル射出状態を再現。
本体
P2420753P2420772
精度はそれほど高く無いものの、エングレービングやフロントアーマーもちゃんと塗り分けられています。
P2420759P2420781
バストアップ
P2420816
モノアイは塗られていません。パケ絵も塗られていないようなので仕様みたいです。
P2420802P2420811
ジョイント
P2420874P2420870P2420869
この他にスタンドを接続するために股下にもジョイントがあります。
また、1弾には共通で付いていた腕のジョイント穴はありませんでした。
可動
首、腰 前後
P2420842P2420846
首はボールジョイント接続。

P2420823P2420831
肩アーマーは90度開くようになってます。

P2420837
股関節
P2420852
腰アーマーは軟質素材なので、太ももの可動を妨げません。
膝、足首
P2420860P2420865
太ももには横回転軸も付いてます。
アクションショット
P2420997
P2430009
P2430097
P2430116
P2430136
P2430092
P2430055
P2430044
P2430033
P2430071
P2430066
P2430156
P2430141
通常アソートでは、不可能な大ボリュームMS クシャトリヤがEXとして単品販売。このシリーズへの力の入れ様が伺えます。
射出状態のファンネルも付き、オプションも充実。
色分けはよく見ると足りない部分もありますが、このサイズとしては必要十分です。
また、塗装精度としては、同シリーズのシナンジュより劣りますが、色の乗りにくい白なので仕方無いと思います。
少し残念なのは、サーベルがクリアパーツで未塗装なことですね。このサイズなので仕方ないとも思いますが、
値段が通常のアサルトキングダムの4倍なことを考えると色分けして欲しかった気がします。
まあ、好意的に解釈すれば、クシャトリヤのサーベルを2本にするか、劇中のように1本をリゼルのサーベルにするかを
ユーザーの好みで選択出来るようになっているとも取れますが、どうなんでしょう。
全体的なクオリティとしては複合素材な分、MIAより上ではないかと思える完成度だと思います。
以上、ガンダム アサルトキングダムEX クシャトリヤのレビューでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です