HGUC ローゼン・ズール 部分塗装 完成

ベースホワイトを塗ったきり、長らく放置していたローゼンズールですが、やっと形になりました。
HGUC 1/144 YAMS-132 ローゼン・ズール (機動戦士ガンダムUC)
価 格:2,940円
発売日:2012年12月29日
P2460042s

キットの仕様、付属品などの詳細は、HGUC ローゼン・ズール 素組み レビュー参照。
P2450881
全塗装ではなく、主に紫と白を塗装した部分塗装仕上げです。ロボット魂と並べる前提で塗装しているので、墨入れはしてません。
紫はクレオスのマルーン(100)、パープル(67)、ベースホワイトを2:1:1の割合で混ぜて調色してます。
Mr.ベースホワイト (ビンタイプ) SF283は、本来下地塗料ですが、色々試した白の中で一番隠蔽色が強く、つや消しで
白の色味も気に入っているので、普通の白塗料としても重宝してます。
P2450888
ピンクの成型色部分はつや消し具合が均一になるようフラットクリアでトップコートしてあります。
バストアップ
P2450904
モノアイはモールドが無かったので、Hアイズっぽいやつの一番小さいやつを表面にクリアレッド、裏の平面にシルバーを
塗って両面テープで貼り付けてあります。
P2450911
エングレービングはクシャトリヤの時と同様、白の上から調色したエナメルの濃い紺を塗り、エナメル溶剤で拭き取り、
フラットクリアーでトップコートしてます。
肩など紫部の白いラインは、パーツをベースホワイトで塗った後、ライン部分を1mm程に切ったマスキングテープで、
丸い部分は、ドラパス パンチコンパス 05913で切り出したマスキングテープでマスキングし、その上から紫を塗装してます。
P2460077.jpg
一応、インコムも塗装しました。写真に写っているもの x 2なので、結構面倒。
同じ搭乗者のROBOT魂版 アンジェロ・ザウパー専用ギラズールと比較
P2460018
部署が違うとはいえさすがは同じバンダイ製。成型色のピンクの色味は全く同じ。茶色の部分も塗装前の紫部と同じ色です。
もうちょっと紫の色味が暗めの方がマッチングは良かったかな。
アクションショット
P2460069.jpg
後ろのシナンジュはアサルトキングダム版です。
P2460085
P2460048
P2460058
P2460064
P2450981
P2450971
P2450986
P2450922
P2450933
P2450939
P2450949
P2460042
キットを組んだときはあまりに合っていない成型色に辟易しましたが、やっぱりちゃんと色分けするとかなりカッコイイですね。
紫部分も塗装しなければならないので、部分塗装派には手間のかかる仕様ですが、パーツ分けがよく、塗り分け部分も
モールドがしっかりしているので、手間はかかるものの作業はそれほど難しくないです。
今のところ、ローゼンズールはロボット魂で発売する予定もないことですし、時間をかけて塗装をする時間の余裕が
あるのであれば、かなりオススメもキットだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です