S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 ライナーフォーム レビュー

良太郎自身が戦うライナーフォームがフィギュアーツで登場。
S.H.Figuarts 仮面ライダー電王 ライナーフォーム
価 格:3,360円
発売日:2013年04月27日
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 ライナーフォーム

パッケージ
P2500021
P2510467
P2510477
セット一式
P2510542
手持ち用のデンカッシャーが付かず、交換用手首の種類も少ないので、ちょっと寂しい印象。
付属品
オプションハンド
P2510297
握り手の他に持ち手と平手が付属。
デンカッシャーホルダー
P2510265
デンカッシャーはソードフォームなどのものと同様、ホルダーに固定で取り外し不可のものが付属。
ライダーパス
P2510290
パスもこれも今までと同じもの。
デンカメンソード
P2510273
目玉武装のデンカメンソードはデンカメンはもとより、ソード部の装飾まで細かく色分けされてます。
P2510280
P2510330P2510329
デンカメンの回転、モモタロスのデンカメンの開閉も再現。
P2510285P2510283
電仮面を回転させる際のグリップの伸縮アクションにも対応してます。
本体
P2510310P2510319
白部分はちょっとクリームがかっ白色。個人的にはもっとはっきりとした白色のほうが良かったかな。
P2510316P2510327
バストアップ
P2510331
P2510338P2510345
ベルト
P2510353P2510356
アクションショット
P2510399
P2510393
P2510410
P2510406
P2510439
P2510419
P2510434
P2510445
P2510459
P2510493
P2510515
P2510504
P2510535
P2510519
頭部は、赤がクリアパーツで、黄、水色、紫の各イマジンのパーソナルカラーがメタリック塗装されていて豪華。
ボディは、いつもの電王素体なので、スタイルはそれほど悪くないとは思いますが、全体的なバランスとしては、
胸部がスリムすぎでボリュームが足りてないように感じます。
まあ、好意的に解釈すれば、良太郎の弱々しさを再現出来てるとも取れますがどうなんでしょう。
デンカメンソードについては、モモタロスバイザーの開閉や、デンカメンの回転、取っ手の伸縮、ライダーパスの脱着まで
再現され、文句のつけようの無い完璧な完成度になってます。
ただ、付属品がちょっと寂しい印象。デンカッシャーが付属していないことは問題ありませんが、もっとしっかり
デンカメンソードを保持出来る持ち手や、斬撃用のエフェクトパーツが付属すればもっと良かったと思います。
以上、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 ライナーフォームのレビューでした。

・楽天でも探してみる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です