100均のデザインナイフを使いたおす

模型作成に使える100均アイテムを紹介。

今回はリピート購入数現在2位のデザインナイフをピックアップ。

セリアやキャンドゥなどで購入できます。(注:ダイソーで売っているのは見たことがない。)

カッター売り場にない場合、手芸コーナーなどにある場合も。

各種ナイフやノコのホルダーに。

各種タガネのホルダーにも。写真は、上からクレオスのMr.ラインチゼル(芯口径2mm)、スジボリ堂 BMCタガネ(幅4.5mm)、ファンテック スジ彫りカーバイト(芯口径3mm)。

わざわざ重いピンバイスとかを使わなくても、このように加工すれば、規格の違う各種ツールも同じ感覚で使用できます。

しかも1本110円(税込)でコスパ最高。

特にスジボリのホルダーなどは、メーカー品でそろえようとすると1本1000円前後もするうえ形状もバラバラなうえ、抜群に使いやすいわけでもない。そもそもこのような加工をしようと思ったのは、BMCタガネのホルダーが自分には使いにくかったため。

その点、これなら普段使い慣れた形状なうえ、安い」し、ハンドル部分はポリスチレン製なので失敗を恐れず好きにカスタマイズできる。

自分の場合、ホルダーの長さは9cmに統一してます。ペン持ちと、手に包んで持つのが両方やりやすい長さにしました。手の大きさで使いやすい長さは前後すると思いますので、少しずつ詰めて自分にあう長さにするのがよいと思います。

ちなみにカットはリューターを使うと楽です。1本、2本ならノコでも事足りますが、10本、20本切ろうと思うと結構大変。

写真は愛用のルーター。コレットが2.34と3mmのものに対応していること、無段階パワー調節が付いてるもので充電式でないもので5000円以上程度はするものがおすすめ。経験的に5000円以下の安いものだとパワー不足でちょっと負荷がかかると止まってしまうことが多いためストレス大。

切断ツールのマンドレルとカッターは100均(ダイソー)のもので十分です。ここで使うのは丸鋸刃ですが、ダイヤモンドカッターもかなり使えるので捨てないように。

また、大量にあまったデザインナイフ刃はキサゲツールとかBMCダンモモドキに加工するなどして遊べます。

上から未加工のデザインナイフ刃、BMCダンモもどき、モールドラインリムーバーもどき。

モールドラインリムーバーもどきは、十分実用レベル。ピカール等で磨けば、懸念の錆びやすさも抑えられます。

ダンモもどきは、まあ使えんことはないけど、もうちょっと精度が欲しい感じ。どうしても逆エッジ部分の角が出せない。金属が削れるエッジの立ったやすりが手元にないので現状難しい。2枚合わせで接着のほうがいいかも。要検討。

穴あけは電動ドライバーがあると便利。低速回転でトルクがあるので、穴あけ作業も失敗しづらい。特にBMCタガネのホルダーをつくる際は、でかいドリルでかなり掘らなければいけないので、素手では厳しいかも。

こちらもドリルは100均のもので十分。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です